Amazonで1000ポイントもらえるキャンペーン中 >>

【2020最新版】おすすめ社外フロアマットランキング【コスパ重視】

【2020最新版】おすすめ社外フロアマットランキング【コスパ重視】
  • 社外のフロアマットをはじめて購入する
  • 車の購入費用を抑えたい
  • ボロボロになったから買い換えたい

ぶっちゃけ純正のフロアマットって高すぎますよね。


純正のフロアマット の型取りの正確さや、遮音性はもちろん一番いいですが、そこまで気にしていない人も多いはず。


ってことで、今まで6社のフロアマットを利用してきて、フルオーダーもしたことのある管理人がコスパ重視のオススメの社外フロアマットメーカーランキングを作っちゃいました。

本記事の内容
  • フロアマットの品質は値段に比例しない
  • ランキング審査基準を全て晒します
  • 客観的審査基準によるランキング公開をします

雑誌などに掲載されているカスタム系のフロアマットは高いわりに品質が微妙なことも多いので、私が選ぶランキングでは審査基準もしっかりと公開します。

雑誌に載っている情報は全て信じてはいけない

雑誌に載っている情報は全て信じてはいけない

雑誌の情報は、広告費の関係で特定のメーカーがひいきされていたりするので当てになりません。


海外で製造されていたり、実は自社で作らずにOEMという形をとっているメーカーも少なくないんです。


雑誌で紹介されているような高いものには、広告費が必ず乗っかっていますので、品質がいいとは限らないんですよね^^;

コスパ重視で選ぶ社外フロアマットの審査基準

審査基準
  • カスタム性
  • 毛足の長さ
  • 機能性

コスパ重視の社外フロアマットランキングを作るにあたって、私は今回3つの審査基準をもうけました。それが、上記の3つです。


雑誌の記事や他のサイトって、何を比較しているかの審査基準を公開していないことが多いですよね。


その結果、雑誌の編集者や、サイト運営者が自在に印象操作できてしまうんですが、知識のない人は騙されてしまうのではと思ってしまいます^^;


あと広告目当てで、無駄に紹介数が多くて見る気が失せてしまうことも…。


当ブログでは、審査基準を明確にして本当に選び抜いたものをランキングにしていきます!

色の選択肢の多さの比較

  • グレー
  • ベージュ

純正のフロアマットの色は、大体この3色ですよね。


社外品だと、赤などの派手な色が選べたり、チェッカー柄が選べたりします。他にもステッチの色や、ふちの色を選べたりします。


この種類の多さを比較しました。

毛足の長さの比較

純正品のフロアマットの毛足の長さは、グレードにもよりますが、10〜15ミリくらいです。あまり長すぎるとゴミが溜まりやすかったりするので、この長さなんだと思います。


逆に短すぎてもロードノイズが増えるといったデメリットがあるので、最低でも8ミリは欲しいところですね。

機能性の比較

値段は高いですが、純正品にもいいところはたくさんあります。


例えば、型取りの精密さで社外フロアマットが純正のフロアマットに勝てることはありません。最近ではどのメーカーでも全く問題のないレベルになっていますがね。


他にも、ズレ防止のためにフロアマット の裏側に加工が施されていたり、運転席のフロアマット はフックで止められていたりします。


ここら辺の純正品同等の機能を有しているかも審査しました。

コスパ重視のおすすめ社外フロアマットランキング

コスパ重視のおすすめ社外フロアマットランキング

それでは、今ご紹介した審査基準をもとに、決定したランキングを見ていきましょう。


コスパ重視で選ぶ社外フロアマットベスト3はこちらになりました!

第1位「DIプランニング」

第1位「DIプランニング」

コスパ重視ならこのメーカー以外考えられない。他メーカーではオプション扱いになるものもセットでこの価格は圧倒的。遮音性もベーシックグレード以上を選べば問題なし。リピーターの数が品質も問題ないことを物語っていますね^^

DIプランニングの解説記事はこちら >>

コスパ5.0
カスタム性3.0
毛足の長さ4.0
機能性4.0
遮音性3.0

第2位「ホットフィールド」

第2位「ホットフィールド」

カスタム性ならホットフィールド。ステッチや、フチの色が自由に選べます。値段も中間なので、個性を出したい人はこのメーカーですね。

ホットフィールドの解説記事はこちら >>

コスパ4.0
カスタム性5.0
毛足の長さ4.0
機能性4.0
遮音性3.0

第3位「YMT」

第3位「YMT」

有名なYMT。知名度でいえばナンバーワンですが、他の社外メーカーよりは価格は高め。品質はいいですが、オプション扱いのものも多いので、そこらへんも考慮するとコスパは微妙かも…^^;

YMTの解説記事はこちら >>

コスパ3.0
カスタム性4.0
毛足の長さ4.0
機能性4.0
遮音性4.0

Amazonで購入する方は、今なら1,000ポイントバックのキャンペーンをやっているのでさらにお得に購入できますよ^^

キャンペーンページはこちら >>


気になるけど、「やり方がよく分からない」って人向けにこちらの記事で画像を使って詳しく解説もしてます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました