Amazonで1000ポイントもらえるキャンペーン中 >>

【カロッツェリア・サイバーナビの評判】価格は高いが優等生

【カロッツェリア・サイバーナビの評判】価格は高いが優等生

カロッツェリアのサイバーナビ。様々な雑誌で紹介され、グッドデザイン賞などの数々の賞を取っていることから知名度も抜群ですよね。


洗練されたデザイン、音質、ナビ性能などどれを取っても一級品で、比較的高価なナビの割に売れ行きは好調です。

スポンサーリンク

カロッツェリアとは

カロッツェリアとは、

カロッツェリアcarrozzeria)は、パイオニアの車載用AV機器(カーオーディオ、カーナビゲーションn)事業のブランド名であり、日本国内のみで使用されている。

引用:Wikipedia

1997年に世界初のカーナビゲーションを開発したカーナビのパイオニアメーカーとしても有名なブランドですね。

スポンサーリンク

サイバーナビとは

サイバーナビはこれまでグッドデザイン賞をはじめとする数々の賞の受賞歴があります。


その洗練されたデザインはもちろんのこと、カーナビのパイオニアメーカーとして、毎年最先端の技術をこのサイバーナビに詰め込んでくることでファンをわくわくさせ、コアなファンが多いことでも有名です。

スポンサーリンク

サイバーナビの特徴

どの機能をとっても優等生なサイバーナビに死角はあるのでしょうか。その魅力について解説します。

サイバーナビのサイズラインアップ

  • 7インチ
  • 7インチワイド
  • 8インチ
  • 9インチ
  • 10インチ(一部車種専用)

サイバーナビのラインナップは、サイズが上記の通り4種類あります。


サイバーナビのモデルは、記事執筆時点で8モデルもあり、全てのモデルでハイレゾ音源の再生ができます。


主に画面のサイズのみの差になり、昔に比べてラインナップがわかりやすくなっている印象です。

サイバーナビの音質

サイバーナビは専用の音響スタッフのチームが開発を行うことで有名です。内部パーツも劇選されたものだけが使われています。


同社のエントリーモデルの楽ナビとは完全に差別化されており、調整機能の細かさなどいたるところに違いがあります。


その分値段も高いですが…^^;

サイバーナビのレスポンス

サイバーナビのデメリットのひとつにレスポンスの悪さがあります。音が遅れるとかではなく、ナビゲーション操作などいろいろなときにレスポンスの悪さは感じますね^^;


他メーカーのナビに比べても多機能なサイバーナビなので、仕方ないといえば仕方ないと言えますが、スマホにサクサクした動きに慣れている人はイライラすることでしょう。

走行中にテレビは見れる?

サイバーナビに限らず、走行中にテレビを見ようと思うとパーキングの信号線を加工する必要があります。


オートバックスなどの量販店であれば対応してくれるとは思いますが、最近はだいぶ厳しくなってきているのでもしかしたら断られる可能性もあります^^;


まぁ作業自体は難しくないので、当ブログでもやり方の解説をしています。この記事を読んでやれそうなら自分でやるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

サイバーナビの口コミ

実際に5年以上使用していた私的には、値段とレスポンス以外不満も特になかったですが、ネットの口コミはどうでしょうか。

サイバーナビの悪い口コミ

ルート案内は正確ですが操作感がイマイチです。

例えば、Bluetoothが自動接続出来なかった時、いちいち「Bluetoothの自動接続を再開しますか?」と確認してきます。確認不要だから自動接続にしているのに…。あと、タッチパネルが敏感すぎてエアコンの送風口を触ると、タッチパネルが誤検知します。マップも以前のバージョンのスカイビューでは空が見えていたのに、このバージョンでは見えなくなりました…。

また、SDカードで音楽を聞いてますが、曲を削除できない(操作を知らないだけ?)のも不便です。マップの更新も遅く、地元の国道4号と県道1号を繋ぐ割と大きなバイパス道路が開通して1年経つのに、まだ反映されません(GoogleやYahoo!の地図には反映されてます)。楽ナビ時代からパイオニアのカーナビは好きでしたが、何と言うか、細かい部分で今一歩な感じが多いです。

UIが酷い。海外版なのかと思うほど、メニューは英単語の羅列です。カタカナですらありません。逆に、日本語の漢字をカタカナ表記していたりします。「カンタン」とか。視認性が悪すぎて閉口してしまいます。使い勝手がとても悪いです。

物理ボタンがなく、直感的に確実な操作することは不可能です。パネルは静電容量式のタッチパネルだと思われ、誤操作が頻発。感圧式のほうが誤操作が少なくてよかった。

独自の音楽配信サービスにのみ対応。GooglePlayMusicやAmazonPrimeMusicなど、メジャーな配信サービスに対応してほしかった。動画配信もYouTubeのみに対応。dTv, Huluなどの配信サービスには非対応。もっと選択肢が欲しい。

今の時代にBlu-rayに対応していないのは不満。家のレコーダーはBD対応が主流ですから、持ち出すメディアもBDが主流なのが当然と思ってほしいです。セル版にしても、わざわざDVDを買う人は少ないのではないでしょうか。

なんとも厳しい意見…。フルフラットのタッチパネルになってから誤操作が多いとの口コミを見かけるようになりましたね。


操作のしにくい車内では、物理ボタンの方がいいとの意見も納得できます。


やれることも多いので、純正のナビを使い慣れている人には逆に難しいのかもしれませんね^^;

サイバーナビのいい口コミ

2012年製のサイバーナビからの買い替えです。機能の多さ、音質の良さ、飛躍的に進歩しています。まだ十分に使いこなせていないがこなせる様になるとどれだけ便利になるのか楽しみが尽きません。

もともとSPもハイレゾ対応したものをつけていたのでバッチリ。

ナビはやっぱりカロが1番使いやすいしサイバーにして良かった。

デザインがパネルにスッキリ納まって満足です。HDパネルは視認性バツグンです。機能的にも全く問題がなく新車のディーラーオプションと悩みましたがこちらも良かったです。リモコンの物理キーも使いやすく快適にドライブできますね。別売のマイクでイコライザーのタイムアライメントを計測した後、同じ音源を聞いたらスッキリとしたノーマルとは全く違った音になりました純正のスピーカーの交換も検討してましたが交換せずに行こうと思います。だまされたと思って試す価値はありそうです(自分の場合ですが… )

ディーラーオプションのナビが(車両と連携の兼ね合いもあり )1番候補でしたがこの機種が自分にとって満足度が高かったように思います。

デザイン面、音質面に満足している人が多いようです。


やはりナビゲーションの性能はカロッツェリアが一番いいですね。多少もっさりとした動きではありますが。笑

スポンサーリンク

サイバーナビの評価のまとめ

  • カーナビをよく使う
  • 高価でも音質がいい方がいい
  • デザインがすっきりしたものがいい

こんな人には非常にオススメできるナビですね^^


とにかく値段が高いので、オートバックスなどの量販店で試聴をしてから購入しましょう。

カーナビはAmazonが安いことが多いです。今なら1,000ポイントバックのキャンペーンをやっているのでさらにお得に購入できますよ^^

キャンペーンページはこちら >>


気になるけど、「やり方がよく分からない」って人向けにこちらの記事で画像を使って詳しく解説もしてます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました