アルパインのビックXでもオススメのイコライザー設定を試してみた

当ブログ(ぶーぶろぐ)の人気記事⇒車のイコライザー設定でオススメされているものを試してみたではカロッツェリアのサイバーナビでの設定を行い、紹介させていただいていましたが、たまたまナビを変える機会があり、ALPINE(アルパイン)の人気ナビである、ビッグXでも同じようにオススメのイコライザー設定を試してみたので、設定方法とともに紹介したいと思います。

その前に、イコライザーについてわからない方は、この記事を参考にしてみてください⇒カーオーディオのイコライザーの設定方法

スポンサーリンク

ALPINE(アルパイン)ビッグXでの設定方法

さて、実際の設定方法ですが、厳密に言うと乗車人数でも聞こえ方は違ってきますが、窓ガラスは全て閉じた状態で調整時は1人で行うのが基本とされていますので、なるべくその状態で設定して下さい。(窓が開いていると反響の仕方が変わるため)

それでは早速アルパイン、ビッグXでのイコライザー設定の方法をご紹介します。ビッグX以外のアルパインのナビでも基本操作は同じですので、参考にしてみてください。

まずは、ナビのMODEボタンを押します。

そうしましたら次は、詳細設定1を押します。

そうしましたらParametricEQを押します。

そうしましたらイコライザーの設定画面が出てきますので、

このパーフェクトの設定を元に設定していきます。

緑枠で囲まれた周波数のとこの右ボタンを押すと周波数が高く、左ボタンを押すと周波数が低いところに移動します。

レベル設定は、赤枠のレベルの上ボタンを押せばイコライザーカーブが高くなり、下ボタンを押せばイコライザーカーブが低くなります。

んで、実際に聞いてみた感想はと言いますと、ナビ変更前とスピーカー等は同じままでしたが、ナビの違いなのか、そこまで高音がきついってことはなかったです。

ビッグXの方が低音に厚みがある感じになりました。

ここら辺はナビによって特性もありますし、試しながら自分だけの設定を見つけてみてください!



コメント

タイトルとURLをコピーしました