カーオーディオのカットオフ(クロスオーバー)の設定方法

この記事では、カーナビの搭載されている音質調整機能であるカットオフの調整方法を紹介していきたいと思います。

メーカーによって呼び名が様々ですが、カットオフとはクロスオーバーのことですので参考にして下さい。

障害の多い車内でいい音を聞くには調整は不可欠です。

スポンサーリンク

カットオフとは?

カットオフとは設定周波数以下や以上の音を、そのスピーカーから鳴らないようにすることをいい、その周波数をいくつにするかを決めます。ハイパスフィルター(設定周波数より下の音をカット)やローパスフィルター(設定周波数より上の音をカット)と呼ばれるものですね。

カットオフ調整とは、厳密にはクロスオーバー調整のことをいいます。呼び方はナビのメーカーによっても違うと思いますので調べてみてください。クロスオーバー調整とは、スピーカーの高音担当(ツイーター等)と低音担当(ウーファー等)の担当範囲を決める作業となります。

クロスオーバーの調整とは

クロスオーバー調整は、カットオフ周波数とスロープの設定を調整してあげることで調整をします。しかし、突然設定周波数の音をバッサリと鳴らなくしてしまうと高音と低音に繋がりがなくなってしまうので、スロープを調整してあげなければならなくなってくるのであります。

スロープの調整とは

スロープとは何かといいますと、スロープとは「マイナス12dB/oct」という表記のされかたをします。

これは、音階が1オクターブが下がると音量が12dB減少する減衰率であるということを意味しています。1オクターブ下の音とは、半分の周波数の音のことをいいますので、カットオフ周波数が2kHzだったとしたら半分の1kHzまで12dBの減衰率で音量が減少します。

この数値が大きくなれば緩やかに減衰し少なくなればきつく減衰させることになるので、仮に0db/octとすれば、先ほどの話のようにバッサリカットすることになります。

この調整を各担当スピーカーごとにうまく調整することにより、音が自然に聞こえるクロスポイントを作ってあげて、音が不自然に聞こえないようにカットオフ周波数やスロープの調整をしていきます。

スポンサーリンク

クロスオーバー調整の必要性

なぜこの調整が必要かといいますと、スピーカーには口径により特性がありますので得意としている周波数帯があります。

スピーカーの口径による特性はこちらの記事を参考にしてみてください。
ウーファー?ツイーター?スピーカーの種類や選び方のコツは?

各スピーカーの能力を引き出してあげるためには、調整が不可欠となるわけです。低音をツイーターに出させたり高音をウーファーに出させることはいい音作りにおいてありえないです。

初心者にオススメの周波数

難しい話ですが初心者の方はまずカットオフ周波数は同じ数字にしてあげればいいです。使用しているスピーカーにもよりますが、一般的には80Hzでクロスさせスロープは12db/octに設定することが多いです。

この設定から各数字を動かしてあげれば音に変化が出ますので、違和感のないように調整してあげればいいと思います。

スポンサーリンク

カットオフの設定方法

さて実際の設定方法ですが、厳密に言うと乗車人数でも聞こえ方は違ってきますが窓ガラスは全て閉じた状態で調整時は1人で行うのが基本とされていますので、なるべくその状態で設定して下さい。(窓が開いていると反響の仕方が変わるため)

実際のカーナビでのカットオフの設定方法

この記事では、カロッツェリアのサイバーナビ(AVIC-ZH0099)での参考に調整していきますが、どのメーカーのナビでも調整方法自体は同じですので参考にしてみてください。

まずはメニュー画面を開いてもらって


設定・編集を押します。

次にオーディオ設定を押します。

次にセッティング別詳細設定を押します。

次に画面を下にスクロールさせてカットオフを押します。

この画面が開けると思いますので、実際に数字を調整していきます。

細かな調整をしたい方は、ローパスフィルターの場合はカットオフ周波数を一番高い周波数に動かした状態で音量を少しうるさいくらいにあげます。その状態から1オクターブずつ周波数を下げていけば、スピーカーから出る音が割れたりビビったりするポイントがあると思いますのでその手前が調整ポイントになります。そのポイントからスロープをいくつにするかを決めてあげれば調整ができます。

ハイパスフィルターの方も同じように調整してあげて、両方合わせて聞いた時に違和感がなければ調整終了です。

スピーカーを社外品などに交換したら再設定が必要になりますのでご注意ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました