フロアマットのオススメメーカー(YMTとホットフィールド)の比較

この記事では、車に乗る上では欠かせないフロアマットについて紹介します。具体的には社外品のフロアマットのオススメメーカーや取り付け方法、お手入れの方法などを紹介しています。

大体の方がフロアマットって特に気にすることなく純正品をつけていると思うんですけど、けっこういい値段しますよね?専用のオーナメントやプレートがついていて高級感あるんですけどやはり高い^^;

純正のフロアマットはフィッティングが完璧なのは言うまでも無いのですが、最近では社外のフロアマットでも純正の半額くらいで同じくらいのクオリティのものがたくさんあります。他にも社外のフロアマットの良さは、ステップ部分など純正ではオプション扱いのものが標準でついてきたり、さらにカスタム好きな人にとっては、色を変えれたり素材を変えれたりすることですよね。

今日はそんな社外フロアマットの中でも特に人気なYMTとホットフィールドのものを比べてみたいと思います!

ノイズが多少気になっても良いという人は毛足が多少短くなりますが、DIプランニングのものもオススメです。

こちらの記事で詳しく解説しています ⇒ コスパ最強。DIプランニングのフロアマットが安い!評判はどう?

スポンサーリンク

YMTのフロアマットの評価

YMTは平成18年に設立されているフロアマットメーカーです。私自身も免許とった頃からずっとYMT製のフロアマットを歴代の車でずっと使用してきています。そんなYMTの評価を改めてしてみます。

まず、こんなダンボールで届きます。

中開けますと簡易的に袋に梱包されています。

フロアマットと簡単な説明書とメタルプレートがセットとなっています。

肝心のフロアマットはこんな感じです。

毛足は10mm程で、細部まで職人さんがしっかりと裁縫してあり、純正のホックの位置で止めれるようにしてあったり

磨耗が激しいヒール部分はパッドがついていたり

裏面には防水・防振・遮音・ズレ防止に優れたシンセティックラバー採用のスパイク加工が施されていて

もはや言うことなしです^^
どのメーカーのものでもそうですが、梱包で多少折り目がついてしまいますので私はいつもこんな感じで重ねて伸びるようにしておきます。

色も10色から選べますし、生地のサンプルを無料で送ってもらうこともできます。さらには特注の加工もお願いできますので心強いですよね。

出典:YMTHP

さらに色の選択肢は減りますが、毛足の長いプレミアムシリーズのASTERISM(アステリズム)やYMTとの中間シリーズのfino(フィーノ)シリーズやアウトドア派なあなたにもってこいのラバータイプシリーズもあり、取り扱い車種にさえあれば私は絶対このメーカーをオススメします!

スポンサーリンク

ホットフィールドのフロアマットの評価

ホットフィールドは、平成23年に設立されているフロアマットメーカーです。先ほど紹介したYMTよりは後発メーカーになりますが、価格が安いことから最近非常に人気なメーカーですね。

梱包状態はYMTと同じような感じで、YMTとの違いはメタルプレートが無いと言うことくらいでしょう。YMTと同じようにカラーも選べて、無料サンプルも送ってもらえます。

出典:ホットフィールドHP

裏面はしっかりラバースパイク加工がされていますし、

毛足も10mmほどでフック固定用の穴もしっかりあります。

社外フロアマットを選ぶ基準

正直この2社(YMT・ホットフィールド)ならクオリティに差がないので、取り扱い車種のある方を選ぶかシンプルに値段で選んでしまって問題ないと思います。私は今まで6社ほどフロアマットを使ってきていますが、選ぶ基準としては

  • 裏面のスパイク加工がされているか
  • 毛足は10mm程度が手入れもしやすくオススメ
  • ヒールパッドがあるかどうか
  • 気にいるデザインがあるかどうか

でしょうか。あまりに安いものだと毛質が悪かったり、裏面のゴム部分が薄く遮音性が悪かったり、安いゴムを使用していると劣化したりするそうなので、そこらへんをサンプルを送ってもらい実物見て判断するのがいいですね!

スポンサーリンク

正しいフロアマットの取り付け方法とお手入れ方法

実はフロアマットの取り付けには注意点がいくつかあるのをご存知でしょうか?普段そんなに気にしていないけど、車に乗れば必ず体が触れることになるフロアマットの取り付け時の注意点と正しいお手入れ方法のご紹介です。

ただ置くだけなのに注意点もクソもないだろと思いの方もいるとは思いますが、しっかりと取り付けないと最悪事故にあってしまいますのでちょっとだけ気にしてみてください。

  1. 重ね置きしないフロアマットを何枚も重ね置きをすると下のマットとのずれで滑る恐れがあります。フロアマットが古くなってきて、新しいフロアマットを購入した方とかは古いフロアマットはしっかりと取り外して新しいフロアマットを取り付けましょう!
    ※古くなったフロアマットは不燃ゴミです。燃やすと有毒なガスが発生しますので各自治体の指示に従って正しく廃棄しましょう
  2. ペダル類の動作の妨げにならないように取り付ける当たり前ですがペダル類の動作の妨げになるということは、その位置でペダルがロックしてしまい不慮の事故を引き起こす恐れがあります。特に先ほども言った重ね置きした場合は論外ですし、毛足が特に長いフロアマットについては注意が必要です。
  3. 付属品(マジックテープやホックなど)はしっかりと取り付ける付属品(マジックテープやホックなど)がある場合は、めんどくさがらずにしっかりと取り付けをしましょう。裏面がスパイク加工されていても思わぬ時に滑る恐れがあります。付属品をがある場合はしっかりと使って取り付けをして滑りを防止しましょう。

実際のフロアマットの取り付け方法ですが、まずは車の樹脂部にマジックテープを取り付けるような場合は商品付属のクリーナーでマジックテープ取り付け部の清掃、脱脂をしていきます。

そうしましたら、フロアマット側のマジックテープの位置に合わせて車体のプラスチック部分にマジックテープを貼っていきます。粘着力をしっかり発揮させるために1日この状態で放置しておきます。

何度も貼ったり剥がしたりを繰り返すと当然粘着力の低下につながりますし、最悪マジックテープが剥がれてしまいます。運転席ですが、運転席に純正でフックがある場合はフックを穴に通します。そうしたらそのままフロアにおけば完成です。フックの取り付けにマジックテープを使う場合もありますので、位置関係をよくチェックしておきましょう!

これで完成です。簡単ですね^^
車種によっては若干取り付け方法が違いますが、わかりやすい説明書がついてきますのでそれを見れば素人さんでも十分取り付け可能だと思います。お店に任せてもいいですが、やはり自分で作業をやると車に愛着がわきますよね^^

フロアマットの正しいお手入れ方法

次に正しいお手入れの方法についてです!

普段は掃除機をかけたり、粘着式クリーナー等で掃除をすれば十分です。しかし、何かをこぼしてしまった場合や、泥などでひどく汚れた時にどうしたらいいか知らない人も意外と多いと思います。

そんな時は家庭用の衣料用の洗剤を薄めて手洗いします!漂白剤等を使うと変色や色落ちの原因となりますのでやめましょう!洗浄後はよく拭いて必ず陰干しでしっかりと乾燥させましょう。しっかりと乾燥させてから車内に取り付けないとカビや悪臭の原因になります。

あと、洗車場やガソリンスタンドにあるマット洗浄機は毛羽立ちや外周糸のほつれにつながりますので極力使用しないほうがいいですよ。あと、家庭用の洗濯機での洗浄や乾燥も洗濯機の故障の原因になるのでやめましょう。

以上です。そんなに難しいことではないですが、意外と知らないことがあった人も多いのではないでしょうか?普段気にすることのない場所ですが、ステアリングやシートとともに一番体と接触する部分でもありますので、正しい取り付けとお手入れをしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました