中古車が安くなる時期〜3月が安いとは限らない〜

「車は家の次に高い買い物である」

とはよく言われますよね?とても高価なものなので少しでも安く買いたいですよね。

新車もそうですけど、自動車メーカーの決算月の3月が車が安くなるとは広く知られた事実だと思うのですが、中古車の場合その限りではありません。
4月の新生活に向けて新車が2月3月に安くなってたくさん購入されるということは、車を乗り換えるために売る人もそれだけ多いというわけです。そうすると、中古車の数が増えます。在庫が豊富になるということは、一見安く売られそうに思えるかもしれませんが中古車の場合そんな場合ばかりではないんです。

中古車というのは、どうしてもその車が欲しくて常に探している人が一定数います。中古車の数が増えるということは、自分の探している車に巡り合う可能性が増えるということです。自分の探している条件にあった車なら高くてもいいという人たちが一定数いるということは、そこまで値下げしなくても売れるということです。

スポンサーリンク

中古車が売れる時期とは

そうなると、いつが一番安く買えるかというと、ズバリ6月もしくは11月です。

まず多くの企業でボーナスのある7月はある程度資金があり車が売れます。
お正月のセールで安売りの多い1月も車が売れます。
2月、3月、4月は先ほども話した通り、無理に値引きしなくても車が売れます。
9月にメーカーの決算月があるのでまた新車が安く売られ中古車の在庫が増えるので9月10月は中古車は無理に値引きしなくても売れます。

スポンサーリンク

中古車が売れない時期とは

先ほどとは逆に5月、8月は連休のレジャーにお金を使う人が多く、車が売れなくなります。12月はボーナスが入りますが年末年始にお金を使う人が多いのと、お正月セールを待つ人が多いので意外と車は売れません。

こう見てみると、連休前後で資金が不足しがちということと、新車の動きに合わせて中古車の玉数に動きが出るという理由から、6月もしくは11月に中古車の相場が落ちるのがわかっていただけると思います。

さらに理由を挙げるとすれば、中古車の特性として年式が1年古くなると価値が下がるというものがあります。
中古車は、基本的に年式が新しければ新しいほど価値が高いものですので、中古車屋としては年内に売り切りたいわけです。年を超えると価値が下がるので、値段を下げざるを得ません。ですので、11月に中古車が安くなりやすいです。

さらに日本では、新生活へ向けて4月へ向けて車を購入するという流れから2月3月4月に車を持っている人が増えるので、反対に6月に車を購入する人が1年で一番少なくなりますので、6月に中古車が安くなりやすいです。

今日の記事を参考にいい中古車と巡り会えるといいですね^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました