5つのことを気をつけてタイヤを長持ちさせよう!

今日は、タイヤの寿命と長持ちさせる5つのポイントをお話ししたいと思います。タイヤって非常に高価ですよね。できれば長持ちさせたい人も多いと思います。私自身初めてタイヤ交換した時にタイヤの寿命について色々な情報が出回っておりどれが本当なの?と困りました。ですので、正しい情報をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

タイヤの交換時期

まずよく言われている寿命ですが、

  • 3年から5年で交換
  • スリップサインが見えたら交換
  • 溝がなくなったら交換
  • ひび割れがおきていたら交換

ですがこれはどれも本当のことなんです。スッキリしない回答で申し訳ないのですが、個人の運転方法や使用期間によって交換時期は変わってきてしまうため、こういう回答になってしまうんですね^^;

ですので、一つ一つの項目に対してポイントを抑えて運転することで寿命を伸ばそうという考え方に切り替えてください。

タイヤの寿命は内部にもやってくる

まず3年から5年で交換についてですが、これは避けられることができません^^;なぜならタイヤはゴム製品であり外気温の変化等で車に乗ってようが乗ってまいが、自ずと劣化してしまうものなんです。

これはメーカーさんでもこう言われているので、たとえ見た目が綺麗でも内部が劣化していたりするので、使っても5年で交換した方が安全です。内部の劣化には気づくことができないので知らずにパンクして事故になったりしたら大変ですので5年経っていたら交換することをオススメします。

スリップサインが見えると車検に通らない

次に、スリップサインが見えたら交換と溝がなくなったら交換ですが、これは同じことを意味しています。タイヤの溝についているスリップサインというものがあります。これが見えたら安全性能が維持できないため交換しなさいということです。タイヤの溝がない状態で雨の日に運転すると、停止距離が長くなって非常に危険です。ちなみに、新品タイヤの溝は約8ミリあり、スリップサインが1・6ミリに設定されています。ここまで使うともはや車検にも通らなくなるので必ず交換しないといけなくなります。

ひび割れがサイドに起きやすい理由

最後に、ひび割れがおきていたら交換ですが、これは主にタイヤのサイドウォールにおきます。サイドウォールとはタイヤの横の部分のことです。なぜサイド部分におきやすいのかというと、サイド部分が他と比べてゴムが薄いからです。

このひび割れは外気温による劣化や、タイヤの空気圧で適正でなかったり必要以上の荷物を載せたまま走行を続けることでおきます。外気温の劣化は勝手におきてしまいますが、タイヤの空気圧が適正でなかったり、必要以上の荷物が載せてあるとタイヤがたわんでしまいます。

なぜこの現象が起きるかというと、空気圧はタイヤの形状を維持するために必要とされています。空気圧が低いということは先ほど話したサイド部分のゴムが薄いところに力が逃げようとするため、サイド部分に余分な力がかかってしまいます。重い荷物を載せっぱなしにしておくと、当然その重量はタイヤによって支えられているためこれもまたタイヤの弱点であるサイド部分に力が逃げようとしてしてしまいます。

荷物の載せっぱなしは1kgの重量増加で0,05%の燃費悪化にもつながりますので、この機会に車内の荷物の整理をしてみてはいかがでしょうか?

タイヤの寿命を伸ばす方法

タイヤは走行距離に比例して減っていきますので避けることはできませんが、運転方法で寿命を延ばすことができます。

  • 急発進
  • 急ブレーキ
  • 急ハンドル

この急のつく動作は安全運転するためにも避けなさいと一般的に言われていると思いますが、もう一つポイントがあります。それが車が停止状態の時にハンドルを切ることです。これって無意識にやってる人多くないですか?

確かにマックスまでハンドル切って停車しようとすれば少ない回数で駐車はできますが、これってタイヤの寿命をかなり縮めます^^;考えてみてください!タイヤはゴムです。アスファルトってボコボコしていますよね。ゴムをボコボコしたところでグリグリすればすり減るのは誰でもわかりますよね?

こうならないためには少しでも前進、後進しながらハンドルをきるようにしましょう。転がり抵抗をなくすことでタイヤに優しくなり、長持ちさせることができるようになります。

タイヤのローテーション

タイヤのローテーションとは、タイヤを前後左右で入れ替えることです。自分でも十分行える作業ですが初心者の方がいきなりやるのは大変だと思いますので、安全のためにもディーラーや整備工場などで行いましょう。作業時間は30分ほどで工賃相場は2000円ほどです。

これは、車体自体の重量にや車の駆動方式やエンジンの設置場所によっても前側、後側どちらかが減りやすいという現象が起きてしいます。車には軸重というものがあって、それぞれ前後のタイヤにどれだけの重量がかかってくるかが大体決まってきます。この数字が大きい方のタイヤに負荷がかかりやすいので、定期的(5000km~10000km)にタイヤをローテーションすることで減りを均等にすることができ、結果長持ちさせることができるようになります。

スポンサーリンク

タイヤを長持ちさせる5つのポイント

長くなってしまいましたが、本日のおさらいです。以下のことを気をつけてタイヤを長持ちさせましょう。

  • 急のつく運転はしない
  • 停車したままハンドルを切らない
  • タイヤの空気圧を適正に保つ
  • 車内に必要以上の荷物を載せっぱなしにしない
  • 定期的(5000km~10000km)にローテーションをする

この5つのポイントを守ってタイヤを長持ちさせましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました