高機能な音質調整機能のないデッキで音質調整する方法

みなさんは車を運転するときに音楽は聞く派ですか?僕は聞く派です。好きな音楽を聴きながらのドライブってホント癒されますよね。

しかし、車で音楽聞こうと思うとなかなかいい音で聞けないですよね。最近では純正でもある程度ましになったと言われていますが、正直全然物足りないという人も多いのでは?そこで車内でいい音を聞こうとするために色々調べてみると、車とはそもそも音楽を聞くのに適していない空間だということがわかり、いい音にするにはそれなりにお金がかかるという結論に至ると思います。

私はカーオーディオに1000万かけた車で音楽を聴かせてもらったことがあるのですが、それはそれは別世界の音でしたよ^^;澄み渡ったボーカルに心地よい重低音、映画を見れば車内はまるで映画館のようなそんな音でした。その道のプロが5年の歳月をかけて作り上げた最高の音でした。

が、しかしいい音の基準って何ですか?その答えは人によって違います。聞く音楽のジャンルによって違います。万人受けする音が必ずしもいい音とは限らないのです。

髪の毛が逆立つほどの重低音が好きな人もいれば、繊細な音が好きな人もいるわけですから結局自分が納得のできる音を作り上げることこそがカーオーディオにおけるゴールだと私は考えています。

確かにお金をかけてその道のプロに頼めば満足のいく音は作り上げれると思います。しかし、そんなにお金をかけずにいい音を聞ければそれが一番いいですよね?そこで一般的にまずスピーカー交換から始めましょうって話になると思うのですが、

ちょっと待ってください!その前に試せることがあります。通常どんなデッキにも音質の調整機能というものが備わっています。その調整だけでも十分に満足できる音になる可能性はあります。純正+αぐらいでいいならスピーカー変えずに調整だけでも満足できるかもしれませんよ?

しかし、調整機能なんて付いてないデッキの人もいるわけです。今日はタイムアライメントのないデッキでの調整方法を説明をさせていただきます。

通常どんなデッキでも、

・フェーダー
・バランス
・BASS
・TREBLE

くらいは調整できると思います。これも調整できないデッキの方は諦めてください^^;各言葉の意味合いですが、

フェーダーとは、前後の音のバランスです。

例えばF(フロント)10:0R(リア)だとリアスピーカーは鳴らなくなります。基本的にオーディオは、フロントスピーカー左右だけ鳴らすのが一番いいとされています。その理由は調整が簡単だということです。

調整がしっかりとできるプロがリアスピーカーの調整をすれば臨場感を出すことができますが、素人がこの調整をやるのは至難の技です。相当勉強しなければまずいい音にすることはできないといっても過言ではありません。

ですので、好みはあると思いますが、フロントよりに調整することをお勧めします。数字が大きくなればなるほどそちら側にバランスが寄っていきます。

次にバランスとは、左右の音のバランスです。

L(レフト)10:0R(ライト)だと右のスピーカーは鳴らなくなります。基本的にボーカルの声が真ん中から聞こえてくるように鳴らすのが一番いいと言われています。しかし車内の特性上真ん中にスピーカーを置くことはできませんよね?ですので、擬似的に真ん中から聞こえるように調整するわけです。

通常右ハンドル車だと、右のスピーカーに耳が近いため右からの音が大きく感じると思います。これはL(レフト)に寄せてあげることで、真ん中で音がなっているように感じることができるようになります。

次にBASSとは、低音域を調整することができます。

数字を大きくしていくと低音域が大きくなりますが、純正のスピーカーだと大きくしすぎると音が割れてしまいますので、あまり大きくしすぎないように調整してください。低い音を出すためにはスピーカーの口径を上げなければ低い音は出ません。

最後にTREBLEとは、高音域の調整をすることができます。

数字を大きくしていくとボーカル域や、高音域の音が大きくなりますが、純正スピーカーでは大きくしすぎると音が割れてしまうため、あまり大きくしすぎないように調整してください。

以上で説明を終わります。調整だけでも結構いい音になりますし、何よりタダなんで是非挑戦してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました