ナンバープレートが記念に欲しい人はもらえる?もらい方の方法と費用

この記事では、自分のナンバープレートを記念に取っておきたいけど可能なの?という疑問や可能な場合の方法や費用について解説しています。

スポンサーリンク

ナンバープレートは記念にもらえるのか?

愛車を乗り換える際や、ガレージの飾りなどにナンバープレートが欲しいなといった方も多いと思いますが、そもそも可能なのかって話なんですが結論から言うと可能です。

元々はもらえるものではなく、返納されていたものなんですが、2017年4月に制度が改定されましてナンバープレートに直径40ミリ程度の穴をあけることにより持ち帰ることができるようになりました。

ナンバープレートを記念にもらう方法と費用

それではどういった手続きもらえるのかと言いますと、特に難しいこともなく、陸運局に返納するタイミングで記念所蔵したいといえば、ナンバープレートの加工賃300円/枚と引き換えに持って帰れます。

この加工賃は、ナンバーを綺麗なまま持ち帰り悪用されることを防ぐためであり、40ミリ程度の穴を開けることにより、再封印をできなくするためにかかるものです。

名義変更、一時抹消、永久抹消、移転抹消、転入抹消のタイミングでもらうことが可能なので、基本的には車の乗り換えや廃車の時にこの制度を使用することになると思いますが、自分で陸運局に行かなくても、車の売買先にナンバーが欲しい旨を伝えれば大丈夫だと思います。(実際私はそうしました)

ナンバープレートに開けられる穴の大きさ

最後にどの程度の穴が開けられるか気になる人もいると思いますので、画像を載せておきますので参考にしてみてください。

結構大きい穴です。

ちなみに余談ですが、「なんちゃってナンバープレート」なんていう面白いナンバープレートも販売されていたりするんですよ!このナンバープレートは好きな文字や数字などを指定できるナンバープレートをオンリーワンで作ってくれるんです。

気になった人は是非検索してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました