Amazonで1000ポイントもらえるキャンペーン中 >>

軽トラのリーフスプリング(板バネ)から異音。交換方法を解説!

軽トラのリーフスプリング(板バネ)から異音。交換方法を解説!

日本の仕事車の代表車といえば「軽トラ」ですね。


私の義父の軽トラも仕事で使っているのですが、段差のたびに異音がするからなんとかしてくれとのことで、リーフスプリングの交換を行いましたので、解説していきます。

スポンサーリンク

リーフスプリングとは

通常の車と違い、軽トラックなどの仕事用の車にはリーフスプリングというスプリングが使われることが多いです。


よく見るコイルスプリング(バネ形状)ではなく、板状のスプリング(板バネ)となっていて、重い荷物を運ぶのに適しているのが大きな特徴のスプリングです。


シンプルな構造で、劣化も少ないというメリットもあります。

リーフスプリングの寿命

リーフスプリングは、通常のコイルスプリングに比べて、耐久性は強いのですが、ブッシュと呼ばれるゴムの部分が劣化したり、10万キロを超えてくるとへたりが出てきたりします。※重い荷物を頻繁に運べばもっと早い


リーフスプリングにヘタリが生じると、段差などでの衝撃を吸収しきれなくなります。そうなることで、ゴムでできているストッパーと車体部分が当たって大きな音がします。


義父の軽トラも14万キロくらい走行していて、最近段差を越えるたびに「ガンッ」というとてつもない音がしていたようです。

リーフスプリングの値段と交換工賃

リーフスプリングは新品で購入すると、5万円前後します。今回はオークションで6万キロ走行の中古品を1万円で仕入れて交換しました。


交換は自分でもできるくらい簡単ですが、お店に交換を頼む場合は、15,000円から20,000くらいの工賃がかかるようです。

スポンサーリンク

リーフスプリングの交換方法

リーフスプリングの構造は非常にシンプルなので、自分でも十分に交換できます。それでは交換方法の紹介です。

まずはジャッキアップです。


軽トラのジャッキアップポイントはリアのデフの部分です。

軽トラのジャッキアップポイント

ジャッキアップができたらウマをかけていきます。


そうしたら、赤丸部分のボルト、ナットを外していきます。

リーフ交換で外すボルト、ナット

まず一番最初に、ブレーキホースのボルトを外してフリーにできるようにしておきます。

ブレーキホースのボルト

次に左端のナットを表、裏共に外していきます。

リーフスプリングの左側の固定ナット

次に右側のボルト、ナットを外していきます。

リーフスプリングの右側の固定ナット

最後にセンター部分のナットを外せばリーフスプリングが外れます。

リーフスプリングのセンター部分のナット

リーフが外せたら逆の手順で組んでいくだけです。部品点数も少ないですし、構造も単純なので是非チャレンジしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました