他人のETCは使えるのか?

知人からふと質問を受けたのですが、人からETCの車載器を借りて使用できるのかという話です。

まず、一応ETCについて説明しておきますとElectronic Toll Collection Systemの略で直訳すると電子式料金自動収受システムという意味になります。有料道路を利用する際に自動車に事前に搭載したETC車載器と、主にクレジットカード会社から発行されるETCカードによって料金支払いを自動的に行うことができます。

んで、このETCを他人から借りて使用できるのかって話なんですが、可能ではありますが実際法律に触れる可能性はあるということです。

スポンサーリンク

ETCのセットアップとは

まず、車両に設置されている車載器ですが、主に購入時にセットアップと呼ばれるものを行います。中古で購入したり他人から譲り受けた場合も再セットアップが必要です!

セットアップとは、設置する車載器と車両情報を道路システム高度化推進機構「ORSE」というところに登録をします。ETC車載器に車両情報をインプットすることにより、料金形態の管理などがされています。

セットアップは、通常ディーラーやカー用品店等道路システム高度化推進機構「ORSE」と契約をしたところのみでできます。セットアップ費(2500円〜3000円程度)をケチろうとしても、この道路システム高度化推進機構「ORSE」との契約自体が多額のお金が必要となるため素直にお店に頼みましょう!

セットアップと取り付けを勘違いしている人がいますが、取り付け自体は少し知識のある人なら自分でできてしまいますので、セットアップのみお願いすれば工賃が節約できます。ちなみにETC車載器取り付け工賃の相場は、3000円〜5000円程度です。こちらは受信機と本体が一体のタイプか、別体のセパレートタイプかどうかで工賃が変わってきます。

他人に車載器本体を貸すということは、その車載器に登録されている車種でない車両で使うことになるので場合によっては料金が安くなる場合も発生してしまうため、厳密に言えばNGですが中古車屋さんとかで貸し出しているしてくれるような車載器はシガープラグにさして使えたりするものもあります。よってバレる可能性は相当低いですが、バレた時には罰則が課せられてしまいます。ですので、車載器を借りるということは基本的にはNGということです。

スポンサーリンク

ETCカードは他人のものでも問題ない

ETCカードの方は誰のものでも問題なく使えます。ETCの車載器車両につけたはいいものの、使用までにETCカードが手元になかったり(頼んでから届くまで多少時間がかかる)忘れてしまった場合などは家族や知人に借りて使うことは可能です。

とは言え、ETCカードを借りるということは借りる人に請求がいくということですので、ある程度信頼のある人でなければ貸すのはやめておきましょう。知らない間に乗り回されて多額の請求が来たという話を聞いたことがあります。今日の話をまとめると、

  • ETCにはセットアップが必要(2500円〜3000円程度)
  • 車載器は正しく登録されているものを使う
  • ETCカードは他人のものでも使える

となります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました