Amazonで1000ポイントもらえるキャンペーン中 >>

エンジンオイルの粘度で燃費は変わる?性能や種類とともに解説

エンジンオイルの粘度で燃費は変わる?性能や種類とともに解説

燃費が良くなると言われたらエンジンオイル変え間よね?


エンジンオイルを、あなたはどれくらいの周期で交換していますか?私は3000km毎に交換しています。


一般的には3000km〜5000kmもしくは、半年に一度の交換が推奨されています。最近では、1年を推奨する車種もけっこうありますよね。


日数でも管理されているのは車に乗っていなくてもオイルは劣化していくからという理由なので、知らなかった人は距離数だけで管理しないようにしましょう!


もちろん車の乗り方によってもオイルの汚れ方や劣化具合は変わってきますので、定期的に点検して汚れていたら交換したいですね。


そんなエンジンオイルの交換ですが、基本的にはお店に任せっぱなしの人が多いとは思いますがエンジンオイルは自動車の血液と呼ばれるくらい大事なものです。


エンジンオイルには、グレードや種類、粘度がありそれぞれ特性があるので、適当なオイルをただいれておけばいいというわけではありません。エンジンオイルの知識を深めて正しいオイルを選択することで車のコンディションが上がったりしますので、自分で選べるようになるために知識だけでも持っておきましょう!

スポンサーリンク

エンジンオイルの5つの役割

エンジンオイルの役割
  1. 潤滑
  2. 密封
  3. 冷却
  4. 洗浄
  5. 防錆

以下詳しく解説します。

潤滑

エンジン内部では、色々な部品が1分間に数100~数1000回転の高速運動をしています。

その高速運動による金属同士の摩耗や焼き付きなどを軽減するために潤滑をする必要があります。

密封

エンジン内の部品にはわずかな隙間があるので、ピストン運動を保持しなければいけません。

密封が不十分だと隙間エネルギーが逃げてしまいます。特にエンジンが古い場合、エンジン内の部品が摩耗していてこの隙間が広くなっていきます。

冷却

エンジン内部はとても高温になります。

エンジンや内部の部品は鉄やアルミでできていますので、高温になりすぎると溶けてしまうので冷却はとても大事な役割となります。

洗浄

エンジンにはスラッジ等の様々な汚れが発生します。

これらの汚れが特定の場所にたまらないように、自ら汚れを吸着したりすることもエンジンオイルの重要な役割となっています。

防錆

エンジン内部と外気との温度差などにより水分が発生しやすく、それが錆の発生原因となります。

この錆はエンジン性能を低下させたり、寿命を短くする原因の一つになっていますので、サビの予防の役割も果たさなければなりません。


このようにエンジンオイルには様々な役割がありますので、常に良い状態をキープしてあげることがどれだけ大切かわかっていただけたと思います。


日本車の精度は世界一などと言われていますので、エンジンオイルを交換しなくても故障にまで至ることは滅多にないですが、コンディションや燃費が悪くなることは明らかとなっています。


外車に乗られている方も最近ではだいぶ精度も上がってきていますが、やはり日本車ほどではありません。日本車の感覚でいるとエンジンオイル交換しないだけで様々なトラブルに見舞われますので、必ず定期的な交換をお勧めします。

スポンサーリンク

エンジンオイルの規格(グレード)

エンジンオイルの規格
  1. API規格
  2. ILSAC(GF-5)規格
  3. JASO規格(国産ディーゼルエンジン用)

エンジンオイルの規格は、上記の3種類があります。以下、詳しく解説します。

API規格

API規格とは、API(米国石油協会)とSAE(アメリカ自動車技術者協会)とASTM(アメリカ材料試験協会)の三者が定める規格です。

ガソリンエンジン車がS、ディーゼルエンジン車がCの記号により定められていて、S・Cそれぞれのアルファベットの後のアルファベットが進むほど性能が高くなります。

現在の最高のグレードはSN規格で、最近では省燃費性についての試験評価項目が重要視されています。

ILSAC(GF-5)規格

ILSAC(GF-5)規格とは、日米の自動車工業会(ILSAC)が定めているもので、先ほどのAPI規格に独自の省燃費性能を加えたものとなっています。

この企画の現在の最高のグレードはGF-5となっています。

JASO規格

JASO規格とは、日本独自のもので国産クリーンディーゼルエンジンについて定められています。

使用するエンジンオイルの粘度分類やグレードは車種ごとに指定されている場合が多く、車両取扱説明書やメンテナンスノートなどに記載がされています。

スポンサーリンク

粘度とグレードは記号で表される

オイルの粘度は5W-30などというように表されます。

まず前半の数字(5のところ)が、小さいほど低温で固まりにくいという特性があります。


5Wは零下30℃まで対応しているなど数字によって対応できる気温が決まっているので、寒冷地に住まわれる方はここの数字の選択も大切になってきます。


WとはWinterの略で5Wよりも0Wのほうがエンジン始動時における負荷が小さくなり、燃費も良くなる傾向になります。


後半の数字(30のところ)は高温時の粘度を表していて数字が高いほどオイルが固くなります。


一般的に高出力のスポーツカーや、ターボエンジンを搭載した車は5W-40など高粘度のオイルを選択しますが、年式が古くなった車でオイル漏れしてしまう車などにもドロドロとした高粘度のオイルを入れることで、隙間を埋める効果がありオイル漏れがそれだけで止まったりすることもあります。

低粘度のオイルの方が燃費がいい

最近の車では「0W-20」や「5W-20」といったサラサラとしたオイルが使用されています。


サラサラなオイルを使用することにより、エンジンがスムーズに回るようになるため余計な負荷がかからなくなり燃費が良くなる傾向にあります。


エンジン内部の構造は知らなくても、サラサラなオイルとドロドロのオイルじゃサラサラなオイルの方がスムーズに流れることということはちょっと考えればすぐにわかりますよね?


オイルの粘度により燃費が変わるといったことはわかってもらえたと思うのですが、オイルが劣化している場合もドロドロになってきます。


特に高温になると劣化しやすいので、高速道路を走行したあとなんかは顕著にオイルが劣化します。


オイルが劣化すると本来の効能が発揮できなくなりますので、燃費は悪化することになります。


定期的に交換することにより、エンジンへの負荷も少なくなるので愛車に長く乗れるようになります!

スポンサーリンク

エンジンオイルの種類

エンジンオイルの種類
  1. 化学合成油
  2. 部分合成油
  3. 鉱物油


エンジンオイルには上記の3種類があります。これらの違いは製法による違いです。以下、詳しく解説。

化学合成油

鉱物油を化学分解してエンジン洗浄や環境を考えた添加剤を化学合成させた最上級のオイルです。

成分や分子量が一定にされていて、あらゆる状況において安定して高い性能を発揮しますが、手間のかかっている分値段が高いです。

部分合成油

鉱物油に化学合成油を約3割ほど合成させてあります。

鉱物油と化学合成油の中間くらいの性能で、値段も中間くらいですが現在の主流はこのオイルになっています。

鉱物油

原油から精製されたもので特に加工や合成もされていないため、分子量などがバラバラで揃っていないため組成が破壊され易く、性能も最低限のものだが値段が一番安い。


この3種類の中から種類を選ぶわけですが、高いオイルだからといって交換しなくていいというわけではないためコストを抑えたい場合は安い鉱物油をしっかりと定期交換した方がいいです。


このほかにも車種専用に開発されているオイルや、サーキット専用のオイルなどもあります。


色々試してみることで加速が良くなったり燃費が良くなったりと効果を実感できますので、予算の範囲内で色々試して自分と愛車に一番合ったエンジンオイルを見つけましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました