カーコーティングの種類と特徴について!ワックスとの違いとは

みなさんは愛車へのコーティングてしていますか?コーティングと一口に言っても世の中にはいろいろなものが溢れかえっていて、何を使っていいのかわからないなんて人も多いと思います。今日はコーティングについて説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

ワックスとは

まず、一昔前に主流だったワックスと現在主流のコーティングの違いですが、ワックスとはシリコンやカルナバロウを主成分としていて、研磨剤が入っているものが多いのが特徴です。塗装面の表面の小さなキズとかを研磨することにより光沢を出します。特徴としては、

  • 価格が安く、ホームセンター等で気軽に買える
  • 光を反射するので細かいキズが目立たない
  • 撥水性が良い
  • 耐久性が弱いため1ヶ月くらいで手入れが必要
  • 紫外線に弱い

などがあります。

スポンサーリンク

コーティングとは

一方コーティングにはたくさんの種類があります。ポリマーコーティング・ペイントシーラント・ガラスコーティング・フッ素コーティング等ですね。

何が違うのかと言いますと、樹脂系かガラス系の違いになります。樹脂系コーティングは、イオン結合や分子結合により高分子化合物を塗装面に密着させます。ガラス系コーティングでは、ガラス繊維やガラスに他の成分が入っててこれもまた塗装面に密着させます。

両者とも塗装面にしっかりと密着させるために塗装面をツルツルにする必要があり、下地処理が非常に大切になります。粘土のようなものを使って塗装面についた鉄粉等をしっかりと取り除く必要があります。

樹脂系コーティングの特徴

樹脂系コーティング(ポリマー・ペイントシーラント)には、

  • 光沢とツヤのある仕上がり
  • 効果はものによりけりだが、3~12ヶ月程度
  • ガソリンスタンド等でも施工してもらえる
  • 数ヶ月に1度専用クリーナー等でメンテナンスが必要
  • 洗車は水で手洗いが基本
  • 汚れが付きにくく落ちやすい

などがあります。安価なため入門にはもってこいって感じですね。

ガラスコーティングの特徴

一方ガラス系コーティング(ガラス・フッ素)には、

  • 費用が高め(3万〜20万)
  • しっかりと硬化するまでに2日程度時間がかかる
  • 光沢とツヤがある仕上がり
  • 効果は3年~5年程度
  • 数ヶ月に1度メンテナンスが必要
  • 被膜が強く薄いため、塗装面のうねり等も出にくい
  • キズや汚れが付きにくくなり落ちやすくもなる
  • メンテナンスには専用のシャンプーやクリーナーが必要

などがあります。

親水性と撥水性の違い

またコーティングは、撥水性と親水性に分かれていて撥水性とは水分をはじく性質があります。ボディに付いた水分が玉のようになって流れていきます。走行しているときはいいのですが、停車中に雨が降ってそのままにしておくとウォータースポットになってしまいます。

親水性とは、水をはじかずボディを流れていきます。降った雨が水玉状にならずに下へ流れていくため屋外駐車の車のコーティングに向いているといわれています。

究極は使い分けを行うことであり、水の溜まりやすい屋根部とボンネット部は親水性、他は撥水性とコーティングするのがお金はかかりますが一番効果があると言われてます!

コーティングすれば洗車しなくてもいいわけではなく、汚れをつきにくく落としやすくするのがコーティングですので、定期的なメンテナンスは必要です。自分にあったコーティングを選んで楽にメンテナンスできるようにしていつでもピカピカの愛車にしておきましょう^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました