車を購入するときの費用の相場と最低限必要な費用

先日知人が車を購入したときに質問を受けたのですが、最低限必要な費用っていくらなの?って話です。

車を購入するときに必ずもらうのが見積もりですが、正直車に詳しくない人が見てもさっぱりわからないと思います。車体価格やオプション価格の値段や値引額くらいはわかると思いますが、諸経費のところって見てもわからないので見ない人も多いのでは?

そんなあなたはもしかしたら損をしているかもしれません。なぜなら、諸経費の中でも店によって差が出る部分があるからです。

自動車取得税のように必ず決まった金額がかかる場合もありますが、諸経費のところはディーラーや車屋さんによって違うのでこの金額を比べることによって、いいお店かどうか見分けたりできる場合もあります。

車屋さんはそこで利益を出すことも可能ですが、そこを削ってくれるということは買う側にとってはいいお店ですよね。今日は車を買うときに最低限かかるお金について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

自動車購入時の税金

まずは税金関係ですが、自動車税自動車取得税自動車重量税消費税(8%)です。こちらは排気量や重量によってあらかじめ定められている金額ですので値引きのしようがありません。

各税金の注意点ですが

    • 中古車購入の場合は自動車重量税は支払う必要はありません(車検時に支払うもののため)
    • 50万円以下の車を購入する場合は自動車取得税は発生しません
  • 消費税は車両本体価格、オプション装備や付属品、法定費用を除く登録などの各種手数料の合計に課税されます
スポンサーリンク

自動車購入時の諸経費

次に強制保険と呼ばれる自賠責保険ですが、こちらの支払いも定められた金額を支払わなければいけないため値引きのしようがありません。

その他にかかってくる諸費用は自分で行う場合はお金がかかりませんが、代行してもらう場合は手数料がかかります。この手数料も車屋さんの利益になるわけですが

    • 陸運事務局の登録費用(代行してもらう場合)
    • 車庫証明費用(代行してもらう場合)
    • 名義変更費用(代行してもらう場合)
    • ナンバー交付料
    • リサイクル料金
    • 納車、車両運搬費用(積車の代金など交渉次第で値下げ可)
  • 納車整備費用(要資格者が自分でやればいらない)

このように代行手数料が山ほどあります。

車屋さんはここで利益を出していますので、あまり言いすぎると嫌がられてしまう場合もあるかもしれませんが、基本的に自分でできる方は自分でやっても問題ないものです。手数料を全て合わすと数万円にはなるのでちょっとでも節約したい方は自分でチャレンジしてみてください。

めんどくさくてお店に任す方はこの手数料の価格が高すぎないかのチェックはしておいて、もし高いようなら交渉したほうがいいです。そのため、最低2社以上の見積もりがあると判断しやすいです。もしくは前回購入時のデータを取っておくとか。(トヨタ系列店は系列が違うだけで手数料の値段が違います^^;)

車のサイズや排気量にもよりますが、諸経費の平均は15万~30万くらいをみておけば間違いないです。しっかりと見積もりをチェックして少しでも安く車を購入できるように頑張ってくださいね^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました