【書評】米株初心者にオススメ!バカでも稼げる「米国株」高配当投資

最近米国株投資を始めた管理人のくらです。

私は投資初心者で、最近までは

  • つみたてNISA満額
  • 株主優待銘柄保有
  • 日本株でデイ、スイングトレード

こんな感じで運用をしていました。しかし、コロナショックにより損失を出してしまい、投資への考え方が変わりました。


上昇相場では勝てて当たり前で、自分の甘さを痛感しました。


コロナショックという100年に1度クラスの暴落を実際に目の前に受けて、こういった投資初心者は多いと思います。


「楽に稼ぎたい」


といった初心者にありがちな淡い期待を見事に打ち破られたわけであります。


そういった中、長期投資に切り替えるにあたり、市場の大きな米国株への投資を考えるのは当然のことです。


ネット証券の普及により外国株への投資もしやすくなりましたし、昔に比べ外国株の情報も簡単に手に入るようになりました。当然日本株よりは入りづらい


そんな中、バフェット太郎氏の「バカでも稼げる「米国株」高配当投資」に出会い、長期投資へのイメージを具現化することができました。

スポンサーリンク

バフェット太郎とは

バフェット太郎とは

バフェット太郎氏について知らない人のために、著者の説明させていただきますが、簡単に説明するなら有名な毒舌なブロガーですw


バフェット太郎の秘密のポートフォリオという投資ブログを書いていて「クソダサい投資家」など過激な発言も多く、自称日本一アンチの多い米国株ブロガーだそうです。


最近ではYouTuberとしても活躍しており、2020年3月に動画投稿を開始して5月時点で約4万人のチャンネル登録者数がいます。


YouTubeでは、ブログからは想像もできないくらい優しい声と、分かりやすい説明や凝った編集でブログとは違った一面が見られます。


肝心の投資歴は13年で、運用資産は7000万ほどだそうです。


2006年に資金300万円で株式投資をスタートし、当初は日本株をメインに投資していたそうですが、2015年夏より米国株にシフト。


現在は、コカコーラやマクドナルドなど誰もが知っている「超大型連続増配高配当株」10社に均等投資し、ポートフォリオを組んでいます。

スポンサーリンク

バカでも稼げる「米国株」高配当投資を読んだ感想

  • 序章 庶民がお金持ちになれるたった一つの方法
  • 第1章 本当は死ぬほど簡単な米国株投資
  • 第2章 米国株が最強すぎる理由を挙げたみた
  • 第3章 金が金を生む配当マネー・マシン その作り方
  • 第4章 ど素人投資家への正しい投資の技法

バカでも稼げる「米国株」高配当投資は上記の計5章で構成されています。米国株に投資するうえでの考え方や理由などが学べます。


ETFやインデックスファンドとはが簡単に説明されていたり、債券との違い、なぜ米国株を選ぶのかという理由が詳細なデータとともに紹介されています。※データは切り取るところによって見せ方が変わりますので、受け取り側の知識も問われますので、このデータだけで判断はしてはいけませんので気をつけましょう


さらに分散投資の大切さや、配当の凄さ、リスクなどについても書かれています。


私の感想としては、これはすごいというよう印象は受けませんでしたが、著者がブロガーなだけのことはあり、非常に文章の構成がよく、納得させられます。


特別なことは何もなく、よく考えれば当たり前のことしか言っていないのですが、この当たり前のことができないのが私のようなクソダサい投資家なのです^^;

著書の最後の方には、


バフェット太郎劇選!賢者のための黄金銘柄30種


や、バフェット太郎氏が実際に読んだ米国株書籍が紹介されており、投資初心者にはそれだけでも価値があると思います。

累計4万8000部の人気著書で、非常に読みやすく、長期投資を始めようかなと思っている人にはオススメの1冊です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました