【書評】「漫画バビロンの大富豪の教え」の感想とあらすじ

皆さんはお金持ちになりたいだろうか?

人それぞれお金持ちの基準は違うだろうが、お金持ちにはなりたいですよね。お金持ちになるには様々な方法があり、それを実現するために様々な本が販売されています。

ただ、難しい本が多いし、文字を読むのが苦手だという人も多いと思います。そんなあなたにオススメなのが、漫画 バビロン大富豪の教えです。お金持ちになるために必要なことが漫画で分かりやすく紹介されています。

スポンサーリンク

バビロン大富豪の教えとは

1926年にアメリカで出版された「The Richest Man In Babylon(バビロンいちのお金持ち」という本で、本書では単なるお金儲けの話というよりも、お金を増やし、守り、幸せになるための方法が解説されています。

多くの銀行員や資産家に愛読され、100年経った今でも世界中で読み継がれているそうです。それを翻訳、脚本、漫画化してくれたのが漫画 バビロン大富豪の教えになります。

黄金に愛される7つの道具とは

本書内では黄金に愛される7つの道具が紹介されています。それぞれ

  1. 収入の10分の1を貯金せよ
  2. 欲望に優先順位をつけよ
  3. 貯えた金に働かせよ
  4. 危険や天敵から金を堅守せよ
  5. より良きところに住め
  6. 今日から未来に生活に備えよ
  7. 自分こそを最大の資本にせよ

と紹介されています。ストーリーに沿って分かりやすく解説がされていますが、要はギャンブルなどに頼らずコツコツと収入の10分の1を貯金、投資しなさいということだそうです。

お金と幸せを生み出す5つの黄金法則

本書を読み進めていくと、さらに踏み込んだ5つの黄金の法則が紹介されています。ネタバレになってしまいますので割愛させていただきますが、先ほど紹介した黄金に愛される7つの道具をベースに、さらに一歩踏み込んだことが書かれています。

簡単に紹介するとしたら先ほど紹介した「ギャンブルなどに頼らずコツコツと収入の10分の1を貯金、投資しなさい」に加えて、その投資は投資のプロである証券会社に任せると良いでしょう。人間は守るべきものがあると自分を成長させてくれるそうです。夢を持ち、家族と自分の将来をしっかりと考えて、努力を続けなさい。

こういったことが分かりやすく紹介されています。

スポンサーリンク

漫画 バビロン大富豪教えを読んだ感想

私はこの本を読んでお金持ちになるって意外とシンプルなことなんだなという印象を持ちました。ただ、簡単なようでなかなかできないことだなとも思い、色々考えさせられました。

本書内では夢を持つこと、努力することさえできれば誰でもお金持ちになれると紹介されていますが、誰でもできないからお金持ちは少ないのですね。

幸い、私は今年からつみたてNISAを毎月満額続けております。私にできることといえばコツコツと働き、このつみたてNISAを20年間しっかりと続けることくらいだなと思いました。そして投資のプロがお金を増やしてくれることを夢見ながら老後に備えたいと思います。

他にもやれることはきっとあると思いますが、どんなことがあっても必ずこれだけは続けようと強く思いました。皆さんも本書を読んでいただき、何か自分でも続けれることを一つでも見つけてみんなが豊かな暮らしをできるように共に頑張りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました