排気量の小さい3ナンバーの車が増えた2つの理由

最近は自動車税の安い3ナンバーサイズの車が増えましたね。

例を挙げるとすればプリウス(トヨタ)、オーリス(トヨタ)、ヴェゼル(ホンダ)、エクストレイル(ニッサン)、リーフ(ニッサン)、ビアンテ(マツダ)、アクセラ(マツダ)、レヴォーグ(スバル)等各社色々な車種がありますね。他にもたくさんの車種がありますが、今回はこのくらいの紹介にしときます。笑

3ナンバーの車は自動車税が高いと思っている方も結構いると思うのですが、実際3ナンバーだからと言って税金が高くなるわけではなく、排気量によって自動車税は決まっています。ですので、各メーカー排気量は小さくても3ナンバーサイズの車を開発したりしていますよね。

車のサイズが3ナンバーサイズになることによって車内が広く取れたり、デザインに自由度が生まれたりとメリットが多いわけですが、ただ車体が大きくなるということは燃費の悪化や取り回しが悪化が起きたりしますね。

排気量の小さな3ナンバーが増えた理由①

排気量の小さい3ナンバーサイズの車が増えた大きな理由として、自動車製造技術の向上があります。昔の車と今の車では同じ排気量でもトルク等が全然違います。

この製造技術の進歩により車体を大きくしても、十分な走行性能を維持できたり力強さを維持できてるんですよね。

排気量の小さな3ナンバーが増えた理由②

もう一つはサスペンションの技術の向上もありますね。

トーションビームという車内が広く取れて、なおかつ商用車より乗り心地のいい新しいサスペンションが開発されたことにより、車内が広くとれるようになりました。

この走行性能の向上と、サスペンションの技術向上により排気量の小さい3ナンバーサイズの車の製造が現実的にできるようになり、普及していったんですね。

これからも新しい技術の向上に期待していきたいですね^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました